TOP > これで安心年賀状のマナー  > 喪中欠礼の基礎知識

これで安心!年賀状のマナー

自分自身、または相手が喪中の際には細心の注意が必要です。
年賀欠礼状の出し方や、喪中にもかかわらず年賀状が届いた、または送ってしまったときの対処法などを紹介します。

喪中欠礼の基礎知識

自分が喪中の場合

喪中のあいさつ状を出す

身内が亡くなった年は喪に服し、新年のあいさつや年賀状の送付、神社への参拝などのおめでたい行事は控えます。喪中とする近親者の範囲は、両親、配偶者、子の一親等、生計を共にしている祖父母、兄弟姉妹、孫などの二親等までが目安です(下図参照)。

目安表

喪中なのに年賀状を受け取った
喪中欠礼の案内を出していなかった場合は、その不手際を詫びます。続いて年賀状のお礼、身内の誰が亡くなったかなどの事情を簡潔に記し、喪中であったことを伝えます。最後に相手や相手の家族の健康や幸せを祈る文面を加えるといいでしょう。
故人宛に年賀状が届いた
1月7日(松の内)が過ぎてから「寒中見舞い」または「あいさつ状」を出します。亡くなったことの連絡が行き届かなかった失礼を詫び、「故人に代わりこれまでいただきましたご交誼に謹んで御礼申し上げます」など、感謝の言葉を添えます。

この情報に関連するページ

相手が喪中の場合

喪中の通知を受け取った
その相手には年賀状を出さないように配慮し、返信しなくても失礼にはあたりません。しかし、松の内を過ぎてからお悔やみの言葉を添えた寒中見舞いを送ることは差し支えありません。その際は白地や控えめなデザインのはがきを選びます。
喪中と知らずに年賀状を出してしまったら
松の内が過ぎてから寒中見舞いで「ご服喪中とは知らず 年頭のごあいさつを申しあげてしまい 心よりお詫び申し上げます」などのお詫びの言葉と、「気を落とされないようにご自愛ください」などのお悔やみやいたわりの言葉を添えましょう。

寒中見舞い

1月7日(松の内)から2月4日(立春)前日までに出す寒中見舞いは、寒さが厳しい季節に相手の健康を気遣う便りです。「寒中お見舞い申し上げます」など時候のあいさつ、相手の健康や繁栄の祈念、今後のお付き合いのお願いなどを添え書きします。また、喪中の際に年賀状が届いてしまったり、年賀状を松の内までに送れなかったりした場合に送るのが慣例です。

この情報に関連するページ